名入れカレンダーと暦の役割

〈名入れカレンダーについて〉
名入れカレンダーは江戸時代の引札暦に始まる日本の伝統的な広告媒体の一つです。
昭和の高度成長期には、女優や風景ものの名入れカレンダーがポスター代わりとして部屋を彩り、固定電話の側の柱には、出前や配達の依頼電話をするための店名と電話番号が記載された台紙が付いた日めくりが多くの家庭にありました。
その後、平成、令和時代となり広告媒体も変わり、テレビ広告費をネット広告費が上回る時代になりました。
しかし、人間がデジタルではなくアナログであるのは昔も今も変わりません。
毎年年末に、お世話になった方々に感謝の思いを伝えることと新しい年が良い年になることを共に祈る。また、今年も事業が成長したことを実感する。そのために名入れカレンダーをお届けする。その日本人らしい文化は未来永劫続いていくことでしょう。
カレンダーの配布は感謝の気持ちと自社の事業の発展を願う気持ちの表現方法の一つではないでしょうか。この江戸時代からつづく文化を次世代に継承していきましょう。


〈暦の役割〉
またカレンダーにはたくさんの情報が記載されています。
その情報は、月日・曜日・祝日などの基本情報から祇園祭・天神祭など伝統的な行事、月の満欠・二十四節気など月や太陽の作用、また六曜・十二直などの占いの要素まで多岐にわたります。この全てが暦であり、古来から自然とともに暮らしてきた日本人の「暮らしの羅針盤」だといえるでしょう。
科学や文明によって自然をコントロールしてきた20世紀的な暮らしから、自然に畏怖と敬意を持って共に暮らすこれからの社会にとって暦は欠かせないものになっていくと考えています。

ナショナルカレンダーについて

ナショナルカレンダーは広告用名入れカレンダーの製造販売をしている会社です。
●広告的な価値
●スケジュール管理や情報などカレンダーの機能
●季節感など日本人が古来から大切にしてきた心豊かな暮らしの羅針盤としての価値
を大切にしカレンダーの企画製造をしています。
定番品の「富士十二景」「ジャンボカレンダー」「健康カレンダー」「花」の他に
「月シリーズ」「年表」「ブックレット(中綴じ製本)」など業界の常識にとらわれない新しい価値を生み出し続けています。
小さくても、自分達にしか生み出せないカレンダーの製造業者を目指しています。


●定番品の代表商品
NP13富士十二景

その他定番カレンダーはこちらから


●ナショナルカレンダーからの新提案
ブックレットカレンダーシリーズ

ブックレットカレンダーシリーズはこちらから


●ナショナルカレンダーからの新提案
ポスター年表カレンダー

ポスター年表シリーズはこちらから


 

PAGE TOP
MENU